大相撲へ赤ちゃん連れて見に行ける

大相撲ファンと言うと男性しかも年配の方と言うイメージがありますが、最近は女性ファンも多くなってきています。大相撲も知名度がアップしているのと若いかっこいい力士が増えているのも理由かもしれません。ただ、男の大人のスポーツと言うイメージがあり、「女性だけでも大丈夫?」「赤ちゃん連れて見に行けるの?」と心配もあるかもしれません。会場の雰囲気などまとめてみましたので紹介します。

スポンサードリンク



両国国技館は赤ちゃん連れて大丈夫

東京会場といえば両国国技館です。

kokugikan

交通の便が非常によくJR両国駅より徒歩1分、都営大江戸線両国駅より徒歩5分です。

10,000人以上の顧客収容が可能。定員は11,098人です。

大相撲の本場所、引退相撲、NHK福祉大相撲などで相撲協会自らが使用するほか、わんぱく相撲、新日本プロレスの決勝戦に使用されていたり、毎年11月に高専ロボコンの全国大会、全日本ロボット相撲大会が開催されるほか、毎年2月には国技館5000人の第九コンサートが行なわれているようです。

2020年東京オリンピックではボクシング競技会場になる予定です。

赤ちゃんのオムツ変えは大丈夫!ベビールームあります!

赤ちゃんを連れていると困るのは、赤ちゃんの泣き声やオムツ変えとか授乳などですよね。当たり前ですけど、赤ちゃんは親の意志とは関係なく急に泣き出して対処に困ってしまいますよね。

そんな時はどうするか!

両国国技館は1階と2階に席が分かれています。

1階と2階にそれぞれにトイレがありそこにベビールームがあります。そこでオムツ変えが出来るようになっています。2階は女性用トイレにのみベビールームがありますが、1階は男性用トイレにもベビールームが設置してあります。※一か所の男性トイレのみです。

1階の車いす用のトレイにもベビールームが設置されていますのでそちらを利用することも可能かと思います。※2か所の車いす用のトレイのみです。

赤ちゃんをベビーカー使って会場に入った場合は1階と2階の総合案内所でベビーカーも預かってもらえる見たいなので非常に便利だと思います。

あとは赤ちゃん連れで困るのは、授乳ですよね。

赤ちゃんの授乳室としては設置されていないようですが、日本相撲協会のホームページで国技館観戦Q&Aでは「授乳室については、1F正面の総合案内へご相談下さい。」と書いてありますので、申告すれば場所を提供してもらえるかもしれません。

スポンサードリンク



赤ちゃんと観戦!席はどうなっているのか!

赤ちゃん連れで気を使うのは座る席ですよね。周囲の目も気になりますし、迷惑かけないか心配ですよね。

座席について

席の方向

座席は、正面・向正面(ムコウジョウメン)・東面・西面の4方面あります。

 

< 正面 >

テレビで見るのと、同じ方向になります。

 

< 向正面 >

テレビで見るのと、逆の方向になります。行司さんの背中が見えます。

 

< 東・西 >

東もしくは、西力士の後ろ姿が見えます。

座席について(下記説明は、東京場所の場合となります) .

 

< 溜席 >

通称「砂かぶり」と呼ばれる席。

土俵周りで、一人様ずつ座布団に座って観戦出来る席です。

※飲食、写真撮影は出来ない席です

 

< マス席 >

1マス(4名定員)は1.3m四方に鉄パイプで囲んだ中に4枚の座布団を敷いた座席です。

※飲食、写真撮影は可能です

座種

マスA 1-8列目 土俵からの距離6.65m-18.25m

マスB9-12列目 土俵からの距離18.7m-24.3m

マスC13-15列目 土俵からの距離24.7m-29m

masu01

※マスの大きさ 1.3mx1.3m

< イス席 >

国技館の2階にある、席になります。

席の種類ごとに席のシートが異なります。

イスA席はテーブルや肘置きがあり、座り心地の良いイスになっています。

 

イスA1-6列目土俵からの距離21.9m-29.6m

 

イスB7-11列目土俵からの距離31.45m-36.4m

 

イスC12-13列目土俵からの距離38.4m-40.15m

isu

< 自由席 >

国技館2階の最後列14列目の席を自由席として使えます。

販売は、観戦当日のみとなります。

座席もいろいろあるので安心して赤ちゃん連れていけると思います。

 

赤ちゃん連れの際の持ち物は

あとは持ち物ですね。赤ちゃんを連れて出かけるとなるといろいろ考えてしまいますよね。近所の公園や施設であれば直ぐに帰れるし、取りに行けると思いますが、電車や車で移動して遠くの施設に行くとなるとそれなりに準備が必要です。そこでお出かけの際に必要だと思う持ち物をまとめてみました。

 

・おむつ数枚とおしりふき

・ビニール袋数枚

使ったおむつや洋服が汚れたときに使用します。

・赤ちゃんの着替え

赤ちゃんの洋服が汚れたときに備えて準備出来るとベターです。

・ガーゼ/ミニタオル

・粉ミルク/哺乳瓶/魔法瓶

お湯は必需品ですよね。保温効果のある水筒にお湯を入れておくとよいです。

・レトルト離乳食

離乳食をはじめている場合は、レトルト離乳食があると便利です。

おやつ 腹もちの良いおせんべいやたまごボーロの1、2パック持っておくと安心です。

・抱っこ紐(スリング)/ベビーカー

赤ちゃんがグズったときに会場の外での立ち抱っこなどに抱っこ紐は便利です。

・授乳ケープ

授乳室がないときの授乳には必須アイテムです。

・おもちゃ

赤ちゃんが気に入っているもので、かさばらないものを入れておきましょう。

・バスタオル1枚

少し肌寒いときの防寒用やおむつ交換時の下に敷くシートの代わりにもなります。

・母子手帳・健康保険証

・体温計

・除菌シート

・帽子 必要に応じて。

・虫よけスプレー

夏場には必要。

・日焼け止め

夏場には必要。

その他

・ホッカイロ

・毛布

防寒グッズとして1枚持っていると安心です。

・ベビーカー用のレインカバー、レインポンチョ

いかがでしたでしょうか。これで安心して赤ちゃん連れで大相撲観戦に出かけられますよね。みんなで大相撲観戦を楽しみましょう!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found