相撲の力士、スピード出世は誰だ!

最近の相撲は若手の力士が頑張っており、優勝力士も常連横綱ではなく若手の力士が優勝してます。御岳海、貴景勝、朝乃山と横綱、大関以外から優勝力士が出てきており将来が非常に楽しみです。これから大関、横綱を目指して頑張って欲しいのですが、活躍している先輩力士はどれ位のスピードで出世しているのでしょうか。

スポンサードリンク



相撲の力士はどれ位入門するの?

ここ最近は新弟子が入ってこないと言う噂を耳にしますがどうなのでしょうか。

近年の年間の新弟子検査の合格者数は以下の通りです。

平成元年              139人

平成2年              132人

平成3年              147人

平成4年              223人

平成5年              211人

平成6年              160人

平成7年              147人

平成8年              140人

平成9年              124人

平成10年            102人

平成11年            137人

平成12年            100人

平成13年            114人

平成14年            91人

平成15年            114人

平成16年            131人

平成17年            113人

平成18年            87人

平成19年            97人

平成20年            92人

平成21年            81人

平成22年            86人

平成23年            60人

平成24年            56人

相撲の新弟子受験者数は若花田、貴花田兄弟の「若貴フィーバー」で盛り上がっていた平成4年がピークで200人越えでした。平成5年も200人を越えましたが、その後は減少が続き平成24年が56人で最少でした。

最多200人強から最少50人強ですから4分の1にまで減少してしまった計算になります。

普段相撲を見ていてあまり感じませんでしたが、改めて数字を調べるとものすごく減っているのがわかります。

スポンサードリンク



関取には入門すればなれるか?

入門して新弟子検査に合格してもなかなか上位に上がれないのが現実です。

入門し易い分実力が拮抗している部分もあるかもしてません。

相撲に入門して関取になった人数は以下の通りです。

平成元年              8人

平成2年              8人

平成3年              9人

平成4年              23人

平成5年              16人

平成6年              8人

平成7年              5人

平成8年              9人

平成9年              6人

平成10年            10人

平成11年            10人

平成12年            11人

平成13年            13人

平成14年            15人

平成15年            10人

平成16年            13人

平成17年            13人

平成18年            10人

平成19年            16人

平成20年            9人

平成21年            6人

平成22年            4人

平成23年            5人

平成24年            5人

平成25年            7人

この数字を見ると相撲の新弟子合格者が最多であった平成4年が一番多かったわけではなく、平成14年、19年あたりが非常に多かった見たいです。

当たり前ではありますが、受験者が多くても優秀な人が多いとは限りませんからね。

ちなみに、平成4年の新弟子では、千代大海や教師から転職した智ノ花がいました。

各場所毎に新弟子検査が行われているのですが、平成30年の名古屋場所では申込者ゼロだったそうです。

申込者ゼロは平成19年の同じ名古屋場所でもあったそうで2回目だそうです。

もともと、名古屋場所での受験者数は少ないらしく1ケタ台とのことです。

そもそも相撲の新弟子検査とは

相撲の力士を希望する際に受検する検査のことで、合格後に日本相撲協会に登録されれば晴れて力士となる。

新弟子検査は部屋の親方経由で日本相撲協会へ検査届を提出する必要があります。

相撲の力士になるには、まずは、入門したい相撲部屋を訪れて力士になりたいと申し入れ受け入れてもらう必要があります。

新弟子検査の受検資格

中学校卒業以上である(各国の義務教育を終了している)ことが大前提。

ただし、小中学生でも研修生として、夏休みや冬休みに体験入門が出来るそうです。

■年齢制限

23歳未満であることが前提です。

ただし、こちらも条件があり以下の場合は25歳未満まで入門が可能とのことです。

1.アマチュア相撲の,全日本選手権・全国学生選手権・全日本実業団選手権・国体成年,いずれかの大会で優勝した者(=幕下15枚目格付け出し資格)

2.1.の大会のうち,全日本選手権を含む2大会で優勝した者(=幕下10枚目格付け出し資格)

3.1.の大会のうち,全国学生選手権を除く3大会でベスト8以上の成績を残した者(=三段目100枚目格付け出し資格)

4.競技スポーツ経験があり,その競技実績を証明する書類を理事会に提出し承認された者

ちなみに、教師力士の智ノ花は年6場所制になってからは最高齢の27歳で初土俵を踏んだ力士です。

当時は幕下付出での入門に期限と年齢制限がなかったため、27歳での初土俵が可能でした。

いまはダメですけどね。

■体格検査

体格検査身長167cm以上、体重67kg以上

就職場所と言われる3月場所は中学卒業見込者に限り身長165cm以上、体重65kg以上となる。

ちなみに、 2012年3月場所までは身長173cm以上、体重75kg以上という基準でこの基準に満たない受検者は第二検査を受検することが可能でした。

また、幕下付出および三段目最下位格付出を承認された者に対しては、体格は不問とのことです。

成績優秀者にはそれなりに優遇措置があるのですね。

■内臓検査

内臓検査健康診断、心電図、エコー検査で健康面の問題を確認する。

健康診断で不合格になった場合、次の場所までに治して再検査を受けることは可能とのことです。

今は改善されていると思いますが健康診断の精度が怪しいとの噂があり、入門前から糖尿病の新弟子がいたとかいないとか?

相撲の力士の場合、健康であれば他のスポーツと違い力士になることはできる感じですね。

ただし、入ってからが大変です。

厳しい稽古と力と力のぶつかりあいなので怪我も絶えないですよね。

横綱までのスピード出世は

歴代横綱で最もスピード出世は誰なのでしょうか。

初土俵から横綱に出世した年数について見てみましょう。

力士 初土俵 横綱昇進 引退 横綱昇進年数
72 稀勢の里 寛 2002年 2017年 2019年 15
71 鶴竜 力三郎 2001年 2014年 現役 13
70 日馬富士 公平 2001年 2012年 2017年 11
69 白鵬 翔 2001年 2007年 現役 6
68 朝青龍 明徳 1999年 2003年 2010年 4
67 武蔵丸 光洋 1989年 1999年 2003年 10
66 若乃花 勝 1988年 1998年 2000年 10
65 貴乃花 光司 1988年 1995年 2003年 7
64 曙 太郎 1988年 1993年 2001年 5
63 旭富士 正也 1981年 1990年 1992年 9
62 大乃国 康 1978年 1987年 1991年 9
61 北勝海 信芳 1979年 1987年 1992年 9
60 双羽黒 光司 1979年 1986年 1987年 7
59 隆の里 俊英 1968年 1983年 1986年 15
58 千代の富士 貢 1970年 1981年 1991年 11
57 三重ノ海 剛司 1963年 1979年 1980年 16
56 若乃花 幹士(2代目) 1968年 1978年 1983年 10
55 北の湖 敏満 1967年 1974年 1985年 7
54 輪島 大士 1970年 1973年 1981年 3
53 琴櫻 傑將 1959年 1973年 1974年 14
52 北の富士 勝昭 1957年 1970年 1974年 13
51 玉の海 正洋 1959年 1970年 1971年 11
50 佐田の山 晋松 1956年 1965年 1968年 9
49 栃ノ海 晃嘉 1955年 1964年 1966年 9
48 大鵬 幸喜 1956年 1961年 1971年 5

※2019年現在

過去の横綱では最短のスピード出世は輪島でした。

なんと、3年で横綱昇進を果たしております。

幕下付出での初土俵なので他の力士とは若干条件は違いますが、すごいスピード出世です。

幕下付出以外では朝青竜が4年で横綱昇進で2番目に早いスピード出世です。

3番目以降は曙、大鵬が続き白鵬が5番目のスピード出世となります。

ちなみに、一番遅いのは三重の海で16年かかっています。

殆ど記憶にないのですが、横綱在位8場所で横綱として2回優勝してます。

ちなみに、初土俵からの大関へのスピード出世は以下の通りです。※は現役

(1)琴欧州  19場所

(2)朝青龍  22場所

(3)照ノ富士※25場所

(4)曙    26場所

(5)武蔵丸  27場所

(6)貴景勝※ 28場所

(7)小錦   30場所

(7)貴ノ花  30場所

(9)白鵬※  31場所

(10)若ノ花 33場所

スピード出世している力士の殆どが横綱まで上り詰めていますよね。

それを考えると6位の貴景勝も横綱になれるような気がしてならないのでは私だけでしょうか?

稀勢の里の次の日本人力士の横綱誕生に期待です!

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found